MobileIndex
Insight Report

【Mobile Insight】オペレーションインデックスレポート:リネージュ2レボリューションの高度化されたリテンション戦略

Posted 2017-10-02


「オペレーション・インデックスレポート」とはアイジーエイワークス(www.igaworks.com)のアプリゲーム・マーケット・インテリジェンス・ソリューションであるモバイルインデックス(www.mobileindex.com)で提供するアプリゲーム運営を分析したレポートです。 Google Playの人気ゲーム運営データをゲーム専門の人力で直接調査し、ゲーム運営の動向を綿密に分析します。
 


 
8月23日、日本でリリーズされたNetmarble社の「リネージュ2レボリューション」がわずか約18時間で日本iOSアプリストアの売上1位を達成し、ゲーム業界を驚かせました。 日本のアプリゲーム市場は海外ゲームが成功することが難しいものと知られているだけに多くの人々から注目を集めました。又、Google Playでも発売5日目に売上3位を達成し、現在でも売上3~4位の成績を維持しています。

 
 「リネージュ2レボリューション」は2016年12月14日、韓国で先に発売されたゲームです。リリーズされた当日、iOSとGoogleマーケットで合算79億ウォン、14日目には1,000億ウォン突破、一ヶ月間は2,060億ウォンという売上記録を立てました。 2017年6月NCSOFT社の「リネージュM」が発売される前まで、トップセールス1位の座を6ヵ月ほど維持していたことでも有名です。
 
 
「リネージュ2レボリューション」について説明するためには原作IPゲームであるNCSOFT社の「リネージュ」を欠かすことができないと思います。この「リネージュ」は1998年にリリーズされて現在までも高い売上を記録している韓国の1世代PC MMORPGで、韓国ゲーム業界では記念碑的な作品とも呼ばれています。 2003年10月には[リネージュ]の後続作である[リネージュ2]がリリーズされました。この[リネージュ2]のIPを基盤とし、Netmarble社で製作したアプリゲームが「リネージュ2レボリューション」です。
韓国での大成功は完成度の高いクオリティーととこの業界で一番、影響力のある「リネージュIP」の効果だと判断されます。しかし、リネージュIPが(韓国に比べ)あんまりない日本市場でも成功した理由は何でしょうか?
 
今回のレポートでは日本版「リネージュ2レボリューション」がリリーズ初期にどのように運営をして成功したのかについて調べてみました。
 
<リネージュ2レボリューションの運営分析>
1) ゲーム全般の運営統計


<イベントの目的の割合>


<イベント参加方法の割合>
 
「リネージュ2レボリューション」はリリーズされてから約4週間はゲームプレーを誘導するイベントを一番多く進行しました。ゲーム接続誘導や売上の増大に関するイベントがその後を継ぎました。 イベントの参加方法はアプリ内で直接参加する形がメインで、公式ツイッターでの参加することもありました。
 
 
イベントの数を見てみますと4週間の間、計29個のイベントが進行されました。また―平均8.7つのイベントが一緒に進行されたことが確認されました。 発売後2週間ほどは接続(ログインなど)に関するイベントが2~3個ずつ行われており、その後は売上増大(課金など)に関するイベントが小幅ながら伸びたことが確認できます。その他にはゲームプレーを誘導するイベントが3~5個ずつ進行されました。
 


 
アップデートの数は非常に少ない方でした。 韓国版の場合、リリーズ当日からアクセス殺到によるサーバーの増設からバグ修正、不便なUIの修正、バランス修正などの些細なアップデートが行われました。 しかし、日本版はこのような問題が修正されたクライアント基盤にリリーズされた為、アップデートが少なかった推測されます。
 
今回は財貨構成や販売中の商品構成、イベント、アップデートなどの内容をもっと詳しく見てみます。
 
2) 財貨分析

「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
「リネージュ2レボリューション」の財貨は大きく8種類に分類できるが、その中で課金財貨の’ブルーダイヤ’とゲーム内通貨の’レッドダイヤ’、’アデナ’が最も重要な財貨と見ることができます。
- ‘ブルーダイヤ’は課金することで得られる有償のダイヤです。又、ブルーダイヤガチャで獲得された装備は取引所を通して取引可能です。幸運に上位レベルの装備を獲得して取引所に販売すると、多量の’ブルーダイヤ’を得られることも可能です。
 
- ‘レッドダイヤ’は基本的にゲームコンテンツで獲得可能なゲーム内通貨ですが、様々な種類のパック商品やデイリーダイヤの商品を利用して獲得する方法もあります。 ゲーム内で最も活用度が高い財貨で、装備の召喚を除けば、’ブルーダイヤ’で代わりに使用することができます。しかし、レッド・ダイヤのガチャで獲得した装置は取引が不可能です。
 
- ‘アデナ’は装備レベルアップ、強化、ルーン刻印などの装備の育成に最も多く必要な財貨です。 ‘レッドダイヤ’と同じくゲーム内通貨ですが、パック商品やデイリーアデナなどの商品を購入して獲得することもできます。 ゲーム内の消費量に比べて獲得量が非常に足りないように設計されており’レッドダイヤ’で’アデナ’を購買する場合が多いです。
 
全体的な財貨の流れは「ブルーダイヤ」>「レッドダイヤ」>「アデナ」の購買へと続くが、レッドダイヤの不足分をブルーダイヤで引き当てることができるために「ブルーダイヤ」>「アデナ」につながる流れを描かくことができます。 これはアデナをレッドダイヤでも購入できるように設計されて、小課金ユーザーも不足したアデナを購入できる機会を与えました。又、ブルーダイヤの利用範囲を広げて高課金ユーザーも簡単にプレイできるように構成となっております。このような財貨の流れは日本のアプリゲームでは一般的ではない形です。
 
3)商品分析


「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
パック商品を見ますと種類が多いです。 このようなパック商品はショップの項目で確認が可能であるが、他の日本アプリゲームとは違って、様々な状況にパック商品のポップアップで浮かべて、プレイヤーの購買欲を刺激するのが特徴です。 ゲームの接続する際、キャラクターのレベルによって下級者/上級者用のパック商品のポップアップが表示されます。また、プレイヤーがショップの接続の時には高い確率で装備ガチャパックや装備の育成に関するアイテムが含まれたパックのポップアップで表示されます。 基本的にパック商品の構成品は効率が非常に良い商品や他の方法で購買することができなかったり、別に購買するより安価に設計されており、プレイヤーの決済を引き出します。 このようなパック商品の構成やポップアップメッセージは韓国ゲームでは必須的に進行されている形です。
 

「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
パック商品のほかにもデイリー商品や特殊なパッケージ商品も販売しています。 デイリーダイヤは購入した後28日間、ゲームにアクセスした場合、追加的に財貨をもらうことができる特殊な商品で、980円という低い価格で大量の財貨を獲得できるのが特徴があります。このようなデイリー商品は、小課金プレイヤーの課金を引き出し、PUR(Paying User Rate)を上昇させることができることと、28日間ログインをしなければならない為、RR(Retention Rate)を確保するのにも効果的です。
パッケージショップで見られる商品たちはキャラクターレベルあるいはシナリオ進行度などの特定の条件を達成するごとによる追加的にもらえる財貨とアイテム商品で、比較的に価格の効率が良い方です。又、全ての商品構成品を受けるまで、課金プレイヤーたちにゲームプレイに対する動機を与えるため、DAU(Daily Active User)の上昇に役立ちます。また、約3,000円以上の有料課金が必要ですのでARPU(Average Revenue Per User)の上昇にも効果的です。
 
4) イベントの詳細分析

「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
リリーズ初期には、プレイヤーがゲームに持続的に接続できるように誘導するためのRRに集中しました。 基本的なシステムでプレイヤーたちがもらえるように月刊ログインボーナス(新規ユーザー向け)とリリーズから7日間、ログインボーナスイベントを一緒に進行しました。また、200万ダウンロードを達成したリリーズ4日目から一週間、ログインボーナスイベントを実施することでログインボーナスイベントだけ3つを同時に進行しました。
 

「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
ゲームプレーを誘導するイベントとして韓国リリーズの時に進行された「スベルコレクシュン」イベントも進行しました。 このイベントは特定の文字のアイテムを収集して特定の単語を完成すると、ボーナスを貰える形のイベントです。文字アイテムを獲得するために様々なコンテンツをプレーしなければならないのでゲームプレー誘導にとても良いイベントです。 それだけでなく、文字アイテムが間接的にスロット拡張を誘導します。スロット拡張は、 課金することで得られるダイヤが必要ですので、結果的に課金を引き出すことができる非常に緻密な形のイベントで分析されます。 実際に韓国版でも何回も進行されております。日本版の場合、発売当日~9月19日まで進行された後、9月20日から10月11日までイベントを再進行したことを確認することができました。
 

「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
売上増大に関するイベントとしては「ガチャ」イベント進行されました。 SR以上の装備が1つ確定的に登場する「高級装備召喚ボックス10+1」1個限定商品として販売イベントが行われました。このようなイベントは日本で多い形のガチャイベントですが、韓国で行われたことがない形のイベントでした。
 

「イメージ提供:リネージュ2レボリューション」
 
課金することで得られる有償のダイヤ(ブルーダイヤ)ガチャ商品で背景武器および背景防御具(他の装備より能力値が高く、PVPに有利なオプションを持つレア装備)の獲得確率が上昇するイベントも進行しました。 これとともに、非常に高い価格だが、1回に限ってアイテム1個を直接選択して購買できるパッケージも発売しました。 獲得確率が非常に低い装備を中心に進行され直接的な売上の増大をはかったものだと見られます。
今まで成功的に日本アプリマーケットのトップセールス安着に成功した日本版「リネージュ2レボリューション」を分析してみました。
これから、アプリゲーム市場にどのようなニュースがあるか期待されます。
 
次回のモバイルインデックスの「オペレーション・インデックスレポート」もお楽しみに!
 


TOP